2016.04.09 Saturday

羊毛とおはなの日



4月8日は羊毛とおはなの日
行ってまいりました。



羊毛さん開口一番
「複雑なコンサートへようこそ」
このひとことで空気がゆるんだ。おはなさん不在の中、ゲストのみなさんから飛び出すおはなさんのエピソードと、フロントじゃないんで〜と困ってる様子の羊毛さんがおもしろくて、するめのような時間でした。(するめはアンサリーさんがおはなさんを評していたワード)

サプライズで大橋トリオさんの歌が聴けたのもうれしかったなぁ。彼が歌うとこうなるのかーと、しびれました。

不在と書いたけどおはなさん絶対あの会場に来てたなー。自分がおはなさんなら見逃すわけがない。きっと打ち上げまで参加して飲んでたはずだわ。生前のエピソードを聞けば聞くほど親近感を覚えてしまう、楽しい人だったんだろうな。

大切に育てられた音楽は長く生き続けることができるんだよと、
こんな素敵な形でおはなさんに教えてもらえた気がする。

去年の4/8は季節外れの大雪だったと羊毛さんが言ってたけれど、今年は小春日和でした。時間はどんどん過ぎてくね。羊毛とおはなの音楽みたいに、そしてその沢山のエピソードみたいに、なにか人の心に届くものを残していきたいな。




| Life | 11:17 | comments(0) | - | - |
2016.02.26 Friday

指輪


私はかなりヘビーなおばあちゃん子でした。

と書くと、これからいかにも泣ける家族物語が待ち受けてるって感じよね。
別に泣けないだろうけどまあでもそんな路線です!笑
あまりここでセンチメンタルな話は書かないでおこうと思っているんだけど
ちょっとね、今日は書いてみたくなったのでこの場を借りて。

というのも、
おばあちゃんが亡くなって以来、なるべくそのことを考えないようにしてきたので。
でも今日はおばあちゃんのことをしみじみと振り返るきっかけがあったので、思いつくままに少し書いてみます。
 
おばあちゃんの名前はフサ子。
名前の由来は「生まれた時の身体の向きが伏せった状態だったから(本人談ママ)」だそう。
 
大正生まれ、当然戦争を経験しています。
原爆の時は祖父とともに満州に行っていて被ばくを逃れました。
おじいちゃんが警察官として赴任し、それにおばあちゃんも同行していたんですね。
その後、祖父より一足先に二人の息子(私の父と上の叔父)を連れて大変な苦労をして帰国したそうです。

高校生ぐらいの時、おばあちゃんに“人生で一番うれしかった瞬間はいつ?”と聞いたことがあります。
彼女の答えは「おじいちゃんが日本に帰ってきて最初にその姿を見た時」と言っていました。
弱音を吐かないガッツのあるおばあちゃんでしたが、おじいちゃんは最大の支えだったんだろうな。

 
その後、保険のセールスレディーとして働き、地道な営業で成績を上げるなかなかのやり手だったそう。
私が生まれた後母が一時入院していた時期があったのですが、その時は私を背負って営業に出たり、
仕事の合間に幼稚園に迎えに来てくれたりしていました。その話は勿論あとで叔父に聞いたわけですが。

 
中学校までの夏祭りの思い出はおばあちゃんと共にあります。
休みが始まると同時におばあちゃんの家に行き玄関を入る。
すると、おばあちゃんがコテコテの広島弁で「ようきたようきた」と笑顔で出迎えてくれたものでした。
そのシーンはやたら鮮明で、私はまだ小さかったはずですが今でもはっきりと思い出せます。
休みが終わって両親が迎えに来る日はとても悲しく、いよいよ両親の姿が見えるとこらえきれずひどく泣きました。
父はいつも困り顔で「親が迎えに来たのにこんなに泣く娘があるか」と言っていたけれど、
それでも全然泣き止まず、たちが悪いことにその後数日ブルーをひきずって両親を困らせました。

 
お正月もまたおばあちゃんの家で一緒にひたすらみかんを食べました。
私は無類のみかん好きで、それはこのころに培われたものと思います。

 
おばあちゃんのファッションは派手ではないものの、
オーダーメイドでコートを作ったりと彼女なりのこだわりがありました。
中でも指輪が印象的で、他が控えめなだけに、カラフルな指輪がとても目立っていたのです。
紫色や濃紺の石、それらはいかにも宝石という感じで子供心にうらやましく、
試しにつけさせてもらったものの、ぶかぶかで悔しかったものです。

 
2回の心臓手術を乗り越え、93歳で大往生。
晩年は家で叔父の介護を受けながら療養していました。


社会人になって久しぶりにお見舞いに行ったある日、彼女から小さな箱を渡されました。
「直接プレゼントしたいから今渡すけぇね。おばあちゃんはもう使わないから」
そう言って手渡されたのはあのカラフルな指輪たちでした。
それを受け取るとおばあちゃんがいなくなってしまうような気がして悲しかった。
だってこの指輪はおばあちゃんのだし、いつまでも元気でこれらをつけていてほしかったから。

 
でも、今日このリメイクされた指輪をはめた時、これを形見としてもらえてよかったと思いました。

 
これを作る時、ジュエリー屋さんに
「この石の擦れ方だと(おばあちゃんは)かなりしょっちゅうはめてらしたんでしょうね」
と言われましたが、その通り、彼女はいつもきれいな指輪をつけていた。
そして今も指輪をはめるとおばあちゃんが戻って来てくれたような気持ちになります。

 
誰かを思い出す時、その人と過ごした沢山の記憶の中からどのシーンが浮かぶだろう。
私にとってのおばあちゃんは「ようきたようきた」の笑顔であり、きれいな指輪をはめた優しい手です。
 
この写真のおばあちゃんのように
誰かの記憶の中に残るなら、笑顔で残りたいものだなー

 


と、思いつくままに書いたらこんなに長くなっちゃった。。。
でも、こうして思ったことを書ける場所があるというのはありがたいな。
そして、こうやって書きたくなるぐらい大切な思い出があるというのは、本当にありがたいな。


 

Special thanks to Stone Spire/松島さん
素敵に仕上げていただき本当にありがとうございました。



 
 
| Life | 18:06 | comments(2) | - | - |
2014.12.12 Friday

Birthday

この特別な日はだんだん意味が変わってきたような気がする。
単なる数字と言ってしまえばそうなのだけど、でも節目ですね。

毎年ですが
ケーキのろうそくを消すとき緊張するのか、なぜかいつも願いごとが何も思い浮かばず今回は

いい音楽を

とセンテンスを完成させられもせずに吹き消しました。

そもそも、「いい」は人によって違うけどね。
ひとりでも多くの人を振り向かせる音楽
聴く前と何か気持ちが変わってる音楽
それがもっぱらの目標であり抱負であり・・・です。

どういう形であっても
音楽にあふれる歳にしますです。
いつも応援、ありがとうございます。




 
| Life | 18:28 | comments(1) | - | - |
2014.07.15 Tuesday

SIFONYとワンマンライブ

うーむ?
ブログと私の
Macとの相性が悪いのか、なかなか更新できずにおりました。
そしたら夏になってた。。。笑

今やっとWindowsから更新させてもらっています・・・お久しぶりです。
 
その間に色んなことがあり・・・
書ききれないんだけどまとめるとふたつニュースが。


新プロジェクト立ち上げました!
SIFONY(シフォニー)といいます。
これ、ずっとあたためてきてたプロジェクトでまだ温めてる最中ではあるのですが、取り急ぎSIFONY名義で音源を1枚制作しました。
お試しのつもりでしたが、ギタリストの日野良一さんがすごくいいものにしてくださいました。
販売はライブ会場のみ、150枚限定。3曲入り800円です。
RACHELアルバムが好きな方でも楽しんでいただけるかと思います。よりアコースティックな感じ。(なんといっても楽器は日野さんだけなので!)
日野さんHP: 
http://ryoichi-hino.syncl.jp/
 
SIFONYとして本格始動するのはもう少し先になりますが、今年中には何かお届けできるかも。
お楽しみに。
 
そしてワンマンライブ。
考えてみると上京して2年半経つというのにワンマンライブしたことない。
ってことで、色々と条件が重なり、8月にワンマンやります。
 
Date: 8/10 (SUN)
Venue: 自由が丘マルディグラ
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/ 
Support guitar: 佐田慎介
※ Music charge、開演時間等は追って詳細あげますね。
 
ゲストを招いたり、いつもと違う曲を演ったり、面白い夜になりそうです。
どうぞ遊びにきてください。



うちのマンションから出たところに咲いてる花も元気いっぱいです。
さあさあ夏本番だ!








 
 
 
| Life | 15:07 | comments(0) | - | - |
2013.08.27 Tuesday

心を溶かす島

なんとなくバタバタしておりましたが、やっと落ち着いてかけます。

屋久島の旅。

ずっと行ってみたかった場所でした!
ある方に”場所に呼ばれたんだね”と言われましたが今回はそんな感じだった。
友人のご実家にお世話になったので、ローカルな場所に案内してもらえました。

屋久杉ってさぞかし大きいんだろうな、ぐらいにしか思っていなかったので
実際、紀元杉を目の前にしてみたら・・・・・・・・・

やっぱりそこに立ってみないとわからないものなんだなぁ。
”あんたの思ってるあれもこれも小さなことだよー”って言われたような気がした。

それから亀の孵化に遭遇したのもうれしかったなぁ。
生まれたての小さな亀たちが海へ向かってぱたぱた向かっていく姿。涙でた。
またまた、”あんたの思ってるあれもこれも本当に小さなことだよー”って言われたような気がした。

3000年も立っている木や、
生まれたての亀が大海原へ出ていく姿を見て
私の中でウジウジしていたあれやこれやが本当に溶けていったようです。

言葉にならない。
というか、言葉になんてしなくていいんだろね。

さて、今回ライヴをさせていただいたノマドカフェ。

以前よりCDを置いていただいているカフェです。
しかもいつもかけていただいてるとのことでうれしい。

オーナー夫妻は本当に素敵なおふたりで、東京で1回お会いしただけなのにもう家族のようなあたたかさで迎えてくれました。

終わった後、お客さんとお話ししたのですが色んなところから色んな気持ちを持ってこの島に移住されたんだなぁと。
アーティストの方が多かったのも印象的です。この島は確かに惹きつけられる。
みなさんたくましくて自由でとにかく笑顔が素敵でパワーもらいました。


ああ、楽しい夜だったー。
Stand by meを合唱したこと、忘れません。
Nomadoのおふたり、来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。


さぁさぁ、大きくなって、また屋久島に行こう。




| Life | 17:18 | comments(0) | - | - |
2013.03.11 Monday

2年

 2年、経つんですね。

震災で
どれだけの人が
どんな想いをしてきたか
どんな生活を強いられてきたか
どれだけ人生が変わってしまったか
いくらテレビでドキュメンタリーを観ようが、経験者の話をきこうが、
私には想像もつきません。

正直、日々の生活で自分が何が出来るのかということも
未だに分からないでいます。

ただ、あの日から
何かを考え始めた人が沢山いるような気がする。
時間が経って風化しているかもしれませんが、あの場所にいた人はもちろんだけど、遠く離れた広島でも、私の周りでも、色んな動きがありました。それは事実です。

どう言う形であれ、今の環境が当たり前じゃないっていうこと。
時間は有限でいつ終わるのか誰にも予測はつかないっていうこと。
それは、忘れてはいけないなと。
悲観ではなく、単にそれを刻んでおかなきゃいけないなと。

本当にそれに尽きます。
言葉にするのがとても難しいのですが。

祈りつつ、できることも考えつつ。


| Life | 22:03 | comments(0) | - | - |
2013.02.17 Sunday

音楽と出会い

最近、仲良くしていただいているイノトモさん。
先日はなんと彼女のおうちパーティーへ招待いただき楽しい夜を過ごしました!!

イノトモさんのブログにくわしく書いてありまして、この変顔発表とは私のことです。笑

レヨナさん、本夛マキさん、はせがわかおりさん。
全員弾き語り女子です。しかもすごい方々ばかり。なのにゆるーく楽しく夜はふけていきました。
次の日がお休みだったらみんなの歌が聴けたのになあ!くやしー!!
イノトモさんの手料理も最高。

そして金曜日はイノトモさんのライヴに行ってきました。
下北沢にあるleteという小さなお店。店内はとってもかわいくてイノトモさんの雰囲気にマッチしてたー。
イノトモさんのステージは本当にほのぼのとしていて、彼女にしか出せないふわふわ感にときめきました。
ギタレレありハーモニカありと飽きないステージ。楽しかったー!!!

そしてもうひとつ、ライヴのあとに素敵な出会いがありました。
YANCYさんもゆかりのある屋久島のカフェNOMADO cafeのオーナー夫妻、
私のアルバムもお店に置いてくださっているので、折角だから顔合わせを・・・
という共通の友人のお誘いに、イノトモさんも含めみんなでごはん→夜ふけまで盛り上がりました。
本当に素敵なご夫婦。
屋久島ライヴ、実現したいですね。
こんなお土産までいただいてしまって。ミルクとはちみつでとってもおいしい!
こだわりのジンジャーシロップ、とーっても優しい味でした。
屋久島に行かれた際はぜひNOMADO cafeへ!!!


さー、色々と出会いもあり、楽しみも増え、今日は音楽に浸かる日曜日にしよう。



| Life | 09:30 | comments(0) | - | - |
2013.02.06 Wednesday

映画漬け

 えー!
もう1ヶ月過ぎてしまったの!!!???
早いですね。本当に。

今年は活動を増やすべく今計画中です。
出会いも沢山待っているような気がしてワクワクしてます。
ワクワクするのはいいけど、もう2月なんで動きますね!!

最近映画を観てます。
映画好きな友達にかなりコアなやつを教えてもらって
今まで観た事ないような古い映画とか無声映画とか。

そしたら今までなんてもったいないことをしてたんだ!と思いました。
古い映画ってその時代だからこその世界観があって、現代映画とは違うところで素晴らしいんだなーって。
こういうことが音楽にもつながってくるんだろなー。
ってことで観まくります!

最近観たのは
Taxi driver
True romance
市民ケーン

どれも面白かったです。

これからも色々観て良い音楽を生み出すのだー!!!!


| Life | 22:25 | comments(2) | - | - |
2013.01.06 Sunday

Happy new year!!!

 

年越しは広島で。
カウントダウンは友達の家のこたつの中で。
年明け早々スウィーツでした。(友人の妹さん作、うまうまでした)
なぜかnew year wishをお誕生日ばりにロウソク立てて吹き消す女子3人。なかなかシュール。笑

あ、お雑煮も食べたよ、勿論。
そしてテレビをあまり見ない私がテレビ漬けになるという現象が起きました。

そう、日本のお正月はこうでなくては。
久々の広島は久々という感じはなく、よく考えたら9月にも行ってるし当たり前か。

年末には広島FMの忘年会にも参加させていただいきました。
イベントなどでお世話になってる大窪茂樹さんにお誘いいただきました。
仲良しの徳永真紀さん、そして今回やっとまともにお話が出来た末田景子さん。

マッキーとはニューヨーク以来だぁ。色んな方と楽しくお話が出来、サプライズゲストにTEEも登場。楽しい夜でした。

その他、時間がないのに遊んでもらって私は幸せですー!以下、写真で振り返りダイジェスト。(殆ど食べ物 笑)

広島で活動していたRuby grassのベーシスト、田中さん作

田中さんちの看板猫 あーちゃん

オリエンタルホテルにて弾き語り エミリー

Flying kidsにて集合〜食い倒れ〜

朝日が綺麗でした@広島空港 またねー!

東京に戻ってからすぐに東京でも新年会。音楽に溢れたスタート。
私も数曲歌わせていただきました。美味しいお料理に人がたくさん、嬉しいな。
あーやっぱり音楽と食がエネルギー源であります!

まるでふたつ世界が出来たみたいで、なんだか嬉しい今日この頃。
そして、もうそろそろ動かなければ太ってしまう。もう既に太ったかも。

みなさんはどんなお正月でしたか??

抱負はたくさんありますが、
とにかく音楽に溢れた1年にしたいですね。今年に限らずですけど。


今年もよろしくお願いします!!!


| Life | 12:24 | comments(0) | - | - |
2012.12.06 Thursday

Music Gallery Zuzuな夜


Music Gallery Zuzu 第10夜 × motion blue yokohama 10周年

このイベントのホスト、パーカッショニストKAZUくんこと小林和弘くん。

一夜限りだから!
と、彼は力説していましたが本当にそうだ。
終わってしまって寂しいお祭りみたいな
本当に楽し過ぎる夜が終わってさびしい。。。

このモンスター企画を10回もやってきたというからすごいです。
実はぁーお誕生日1日違いのまったくの同級生なんですー。
そういう偶然もなんだか嬉しくて、こうやって知り合えて一緒に演奏してもらって
それだけでもすごく幸せなことだというのに。
彼がすごおく大切にしているイベントに声をかけてもらえたこと、とっても光栄でした。

このお話をいただいて、昨日に至るまで、
奔走して色んな想いを持ってやってきたKAZUくんを見ながら
途中から自分も一緒になって走ってる気分(気分でごめん)でした。
でも昨夜、あのイベントに関わった全ての人が一緒にゴールできたような不思議な感覚でした。

何かを作り上げるってとってもエネルギーがいることだけど
達成した快感はきっともっと大きなものを作る原動力になるんだねー

・・・なんて、なんかのキャッチコピーみたいにベタベタですが、
本当にそんなくさい台詞がどんどん出てくるぐらい熱いのよー!
昨日は満員御礼。本当にたくさんのハッピーな顔が見えました。

自分のステージは緊張したけど、だってそれはもう一番手だし
でもすごーーーーく気持ち良く歌えました。

R&Bのハイトーンボイスが色っぽいHiroakeyとのデュエット。
こういう感じでデュエットとか初で動揺したけど、やってみたら楽しくて。
コラボするっていうのはこんなに楽しみが倍になるんだね。

イベントはまさに実力派のアーティストのみなさんのおいしいとこどり!
タップダンスあり、造形アートあり、音楽のジャンルも様々
そんな夜に、一緒にあの場所で歌えて本当に幸せでした。
YANCY師匠とこういう形で同じステージに立ったこともなんだか新鮮でした。

会場、motion blue
サウンドチェックの合間に窓から
赤レンガ倉庫、素敵なところですねー。
初めて来たけど、この前行ったニューヨークのチェルシーマーケットみたい。
オサレですー。

あとこの小さなアート!紙を素材にしたこの人形達。
よーく見ると出演者たちなのですよ。

これわたしー。似てますよね。ウィンクとかしちゃって。

つくってくださったのは金沢和寛さん。
ちいさくてとってもあったかい世界。
表現は無限でコラボレーションも無限ですね。

初めてお会いした女性の方に
”あなた幸せそうに歌うわね〜、こっちまで幸せになったわ〜”
と、言われてなんだか胸が熱くなりました。
そう、だって幸せなんです、本当に。

ライヴ中のまともな写真がまだないー。
また、載せます。

とにかく、
来てくださったみなさま、本当にあのハッピーな時間を一緒に過ごせて嬉しいです。
みんなみんな、ありがとうございました!!!
KAZUくん、本当におつかれさま!

こんな夜がこれからも沢山ありますように。


| Life | 20:11 | comments(4) | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
profilephoto
Author:Rachel (レイチェル)
高校卒業後、アメリカ/ロサンゼルスに4年間留学。
留学中、音楽活動を開始。
帰国後、弾き語りを中心に広島で活動。
現在は東京にて英語オリジナル収録アルバム制作中。
東京を拠点に活動予定。
Categories
New entries
Archives
Recent comment
Links
Recommend
HAMMER STREET
HAMMER STREET (JUGEMレビュー »)
CRAZY FINGERS,CRAZY FINGERS,YANCY,リクオ,齋藤有太,Dr.kyOn
Recommend
Recommend
白い花
白い花 (JUGEMレビュー »)
八代亜紀,YANCY,荒木一郎
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR